メニュー

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の手順

※染毛の2日前(48時間前)には、毎回必ず行ってください。

染毛の2日前(48時間前)には、毎回必ず行ってください。

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は、アレルギーの有無をチェックするための簡単なテストです。ある食品、化粧品、医薬品などでアレルギー反応をおこす人がいるように、ヘアカラーでアレルギー反応をおこす人がまれにいます。ヘアカラーのアレルギー反応は、初回の染毛時のテストで異常が認められなくても、何回目かに初めて認められる場合もあります。染毛のたびに毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)時に必要なもの

h

箱の中に入っているもの

h

ご用意いただくもの

①薬剤を準備します。

●マロン マインドカラー1剤をごく少量(2剤は必要ありません)を、トレーの上にだします。

h

②綿棒で腕の内側に10円硬貨大にうすく塗り、自然乾燥させます。

●薬剤が乾燥するまで、衣服につかないようにご注意ください。
30分くらい放置して乾かない場合は、薬剤のつけすぎですから、余分な薬剤をティッシュペーパーなどで軽く拭き取ってください。
●テストをした当日は、なるべく入浴しないでください。やむをえず入浴する場合は、テストの部位をぬらさないでください。

③そのまま触れずに48時間放置します。(時間を必ず守ってください。

④テスト部位の観察は薬剤塗布後30分くらいと48時間後の2回は必ず行ってください。

●そのとき、塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激などの皮膚の異常があった場合は、手などでこすらないで、すぐに洗い落とし、染毛しないでください。
●途中、48時間以前であっても、同様の皮膚の異常を感じた場合には、直ちにテストを中止し、薬剤を洗い落として染毛しないでください。
●かぶれた部位などは手などでこすらず、すぐに皮膚科専門医の診察を受けてください。

⑤48時間たって異常がなければ、すぐに染毛してください。

※日をおくと体質が変わることがあります。皮膚アレルギー試験(パッチテスト)は毎回必ず染める前に行ってください。

  • HOME
  • 皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の手順