メニュー

サイオス カラートリートメント

乾いた髪でも、濡れた髪でも簡単に使えるカラートリートメント

  • ダークブラウン

    ダークブラウン

    上品で深みのある暗めのブラウン

    ●使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。

  • ライトブラウン

    ライトブラウン

    自然でやわらかさのある明るめのブラウン

    ●使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。

  • ダークブラウン

    ダークブラウン

    上品で深みのある暗めのブラウン

    ●使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。

  • ライトブラウン

    ライトブラウン

    自然でやわらかさのある明るめのブラウン

    ●使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。

白髪への染まりを実感できる。
独自の“濃厚カラー処⽅”だからしっかり染まる。

独⾃の濃厚カラー処⽅

長年の研究結果による、
こだわり抜いた染料バランスを採用

1回⽬の使⽤時から白髪の染まりの実感を目指し、長年の研究結果をもとに、多種類の染料をバランス良く配合。髪一本一本を包み込んで、濃厚でリッチに染め上げます。

ダブルケラチン※配合

髪を傷めず染めてツヤやかな仕上がり
傷んだ髪の補修にこだわったダブルケラチン 配合。髪の内部に浸透し、日々のダメージをしっかりケア。まるでサロン帰りのツヤやかな仕上がりに。

※ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)
加水分解ケラチン(羊毛)

一回目の使用時からよく染まると実感!

サイオス カラートリートメントがこだわったのは“しっかり染まる濃厚カラー処⽅”。いち早くお試しいただいた皆様から多くの実感の声が寄せられています。

※1 対象者:サンプル利用者213名 調査項目:サイオス カラートリートメントの使用感において「一回目の使用時から染め上がりの実感」を聴取。「思う・やや思う」と回答したユーザーの割合 調査方法:モニター会員アンケート調査(2019年12月~2020年2月実施)

サイオス カラートリートメントの使い方

濡れた髪にも乾いた髪にも塗りやすいトリートメント。
一本一本髪を包み込んで浸透させる効果的な使い方。

STEP1. 染める前に
乾いた髪に使うとよりしっかり染まりますが、シャンプー後の濡れた髪にもご使用いただけます。

TIPS
・乾いた髪に使う場合、事前に髪をブラッシングすると、髪の絡まりやホコリを取ることができ、カラートリートメントを均⼀に塗布しやすくなります。
・シャンプー後に使う場合、タオルで髪の⽔気をよく切って塗布しましょう。カラートリートメントが⽔分で薄まらずに髪⼀本⼀本により密着しやすくなります。


STEP2. 髪にたっぷり塗布
⽩髪が気になる部分にはたっぷり塗ってください。分け⽬を中⼼に、数回に分けて塗布するとよりキレイに染まります。塗布量の目安は、ショートヘアの場合ピンポン玉大1~2個となりますが、髪の⻑さや量に応じて、塗布量を調整してください。

TIPS
・⼿袋があると⼿や⽖の汚れを気にせずに塗布できます。
・⼀本⼀本の髪に揉み込むようにたっぷり塗布しましょう。

※塗布量は目安です。髪の毛の長さや量に応じて、塗布量を調整してください。
※残量が少なくなったり室温が低い時には、中身が出にくくなったり、飛び散ることがありますので、ご注意ください。
※浴室や洗面所に色がついた場合は、すぐに洗い流してください。


STEP3. 髪全体になじませる
カラートリートメントが髪全体に⾏き渡るように⼿ぐしでなじませます。

TIPS
・コームを使うと髪全体に広げやすく塗り残しを防ぐことができ、よりムラなく効果的に染まります。


STEP4. 放置して充分にすすぐ
5〜10分放置してから、充分にすすいでください。

TIPS
・髪が肩までつく⽅は、クリップやシャワーキャップなどを使って髪をまとめて、⾐服や⾝体に⾊がつくことを防ぎましょう。
・⾊移りを防ぐために、すすいだお湯に⾊が出なくなるまで、しっかりすすいでください。

※身体などについた場合は、すぐに洗い流してください。
※すすぎが不十分だったり髪をしっかり乾かさなかった場合、衣服などに色移りすることがあります。色がつくと取れませんので、ご注意ください。


STEP5. しっかり乾かして仕上げる
汚れてもかまわないタオルでふいて、ドライヤーでしっかり乾かします。

商品情報

全2色/白髪用/染毛料・ヘアトリートメント
<セット内容>

  • サイオス カラートリートメント:180g 化粧品