メニュー

ヘアカラーの準備

※ヘアカラーをする前には、必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を行ってください。

ヘアカラーする前に髪の状態について

  • 前洗いの必要はありません。
    (ただし、髪の汚れのひどい時、整髪料を多めに使用している場合や一時染毛料などが髪についている時は、染める前日に洗髪しておいてください。)
  • パーマをかけた後は1週間は期間をおいてください。
  • 目のあらいクシで髪をよくとかしてほつれをのぞき、クシ通りをよくしておきます。
  • 乾いた髪に使用してください。

身仕度について

  • 汚れてもかまわない前あきの服装に着がえ、首にケープかタオルをかけます。
  • 床などが汚れないように、新聞紙などを重ねて敷きます。
  • はえぎわや耳や首に薬剤がついて着色するのを防ぐために、コールドクリームなどを塗ります。
    (ただし、コールドクリームが毛髪につくと染まりにくくなりますのでご注意ください。)
  • 爪も髪と同じように染まりますから、添付の手袋をはめてお使いください。
  • メガネ、イヤリング、ピアス、ネックレス、指輪は、はずしてください。
  • 寒い時は、なるべく温かい部屋(20〜25℃)で使用してください。

ブロッキング方法について

髪の長い人はブロッキングするとキレイに塗り分けられます。

  • 前髪・はえぎわ
  • サイド
  • トップ
  • 頭の後ろ
  • えり足